自分に合ったフィットネスバイクを選び

お家時間が多くなっている昨今。運動不足解消のためにフィットネスバイクの購入を検討している方も多いのではないのでしょうか。
しかしいざ買おうとしてみるといろいろな種類がありどれを選んでいいか迷ってしまいます。自分に適したものを失敗せず選ぶためにはどのようなものを選べばいいのか。形状と負荷形式に分けてご紹介していきたいと思います。

□形状
まずはフィットネスバイクの形状によって異なる特徴をご紹介します。

アップライトタイプ
フィットネスバイクの中で最も主流なのがアップライトタイプです。
自転車に乗っているときの姿勢に近い上半身を起こした状態で運動できるのがこのタイプで運動不足解消やダイエットを目的とした方におすすめです。

スピンバイクタイプ
スピンバイクタイプは前部か後部にフライホイールを使用しておりスポーツタイプの自転車の乗車姿勢に似た前傾姿勢での運動となります。
高い負荷をかけることができるものが多く高強度のトレーニングを目的とした上級者の方向けのタイプです。

折りたたみタイプ
使用していないときには折りたたむことができ、Xバイクとも呼ばれます。
シンプルな作りであるため室内で手軽に運動不足解消をしたい方向けのタイプです。

リカンベントタイプ
うしろの背もたれにもたれかかって屈伸運動のようにペダルを漕ぐのがリカンベントタイプです。
心臓や腰への負担が少ないためリハビリが目的の方や高齢者の方に適しています。

□負荷方式
次に負荷方式によって異なる特徴をご紹介します。

マグネット負荷方式
永久磁石の働きによって負荷をかける方式で非接触型なので音が出ずらいです。
負荷が強く、調整ができる幅が広いことがメリットですが、連続使用により発熱するため長時間の運動には向かず運動不足解消が目的の方向けです。

ベルト負荷方式
テンションベルトの摩擦力で負荷をかけるため使用時にベルトが擦れる音がします。
ベルトの強弱により負荷を調整するので負荷は弱く調整幅も狭いこととベルトが連続使用による発熱に弱いため短時間・低負荷の運動をする運動不足解消やリハビリ目的の方向けの方式です。

電磁負荷方式
電磁磁石を利用して負荷をかける方式で非接触型のため音はほとんどしません。
負荷が強く、負荷の調整幅も広いです。長時間の使用も可能であるためダイエットを目的とする方に向いています。

摩擦負荷方式
フライホイールのブレーキを調整して負荷を発生させる方式で調整によってはとても強い負荷をかけることができるためハードなトレーニングをすることが可能です。
本格的トレーニングを目的とした方に適しています。

以上を参考にご自身にあったフィットネスバイクを選び、ぜひ充実のお家時間をお過ごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました