スピンバイク・エアロバイクおすすめ口コミランキング

エアロバイクと一口にいっても価格もピンきりで、モノによっては30万円以上もする本格的なエアロバイクまであります。
価格のみならず、今は乗り心地の問題も考慮されており、背もたれが付いていたり、座面にクッション性が付帯されていたり、最近では足だけで漕げるローイングマシンなどもあるほどです。
エアロバイクを購入するユーザーの目的が健康的なダイエットになるのであれば、継続できるか否か、そうした内容でエアロバイクを選ぶことが大事になります。
例えば、幅広い運動レベルのユーザーに対応してくれているのであれば、運動が苦手でも続けることができますし、慣れてくると負荷をかけることもできるなど、臨機応変に対応できます。
何種類のプログラムでエクササイズをナビゲートするのかも選ぶ上でチェックしましょう。
もちろん、エアロバイクですから足を中心に鍛えるワケです。
漕ぐための足を置くペダルにも注目してみましょう。
つま先のみを差し込むタイプもあります。
一度試乗してみることで漕ぎやすさも分かるでしょう。

フィットネスバイクの選び方を解説!

自宅で気軽に運動ができるフィットネスバイクですが、最近はダイエットに最適なモデルや本格的なトレーニングができるモデルまで、さまざまなタイプがあります。
今回は、フィットネスバイクの選び方について解説します。
【フィットネスバイクの選び方】
①形状で選ぶ
・アップライトタイプ
上体を起こして運動ができるタイプで、負荷が少なく手軽に買えるものが多いため、ダイエットや運動不足解消のために使用したい方にオススメです。
・スピンバイクタイプ
ロードバイクのように前傾姿勢で使用するタイプで、筋トレやエクササイズに使用したい方にオススメです。
・リカベントタイプ
背もたれに寄りかかる姿勢で使用するタイプで、体力に自信がない方でも使用できます。
②負荷の種類で選ぶ
・ベルト式
ベルト式は、比較的低価格なものが多く、初めてフィットネスバイクを購入する方にオススメです。
・マグネット式
マグネット式は、稼働音が静かで負荷を細かく設定できるのが特徴です。
連続使用時間は30分なので、手軽に運動したい方にオススメです。
・電磁式
電磁式は、電磁磁石を使って負荷を調節するタイプです。
連続使用時間は、60分~100分で、長時間使用できます。
・摩擦式
フライホイールにブレーキをかけて負荷を調節するタイプで、長時間の連続運転が可能です。
また、運転音が静かなため、夜間でも使用できます。”

省スペース優先で選ぶならアップライトタイプのフィットネスバイクがオススメ

自宅に居ながらにしてフィットネスジム並みの本格トレーニングができるフィットネスバイク。お家需要の高まりもあって購入を検討する人が増えていますがいろいろな機種が発売されているためどれを選べばいいか迷ってしまいます。
フィットネスバイク選びのポイントとして重要なのが「本体サイズ」です。フィットネスバイクは人が乗り込んで使う器具なのでそれなりの大きさがあります。スポーツジムの広いスペースだと小さく見えても自宅に設置すると以外なほど大きく感じられます。マンションなど限られたスペースではなるべくジャマにならない小型サイズを選ばないと自宅を圧迫されてしまいます。
フィットネスバイクにはいくつかのタイプがありますが省スペース優先で選ぶならアップライトタイプがオススメです。上半身を起こす姿勢でトレーニングするアップライトタイプは本体が比較的小型で自宅設置向きです。ハードなトレーニングには不向きですが運動不足解消目的の運動負荷なら十分です。”

多機能は不要

私も自分の家にバイクを購入設置しました。価格も10万円弱とランク的には「中の上」だろ思います。創部的に、スピードメータ、走行距離、カロリー表示、負荷メータ、傾斜度、それはそれは多くの機能オプションがついていました。購入前は、これらの機能をみて「凄い、いいな」と感じていましたが、実際にかってみて、その結果というと、最初の2週間は一生懸命に、オプション機能をつかいました。過去データもきろくできて、自分の進捗度合い、頑張り度がわかりました。ところが、とある時期から、バイクにまたがり、バイクをこぐ毎日をけいぞくしていくと、○○カロリー消費したとか、何キロメータ走ったとか、「全くといってよいほど、見なくなりました」。心のどこかに、面倒くささを感じ、見なくなった感じです。今思えば、もっと価格の安いものでよいので、「最低限」の装具で十分にような気がしています。例えば、走行距離、時間、そして可変負荷値です。要はトレーニングの目的は、カロリー消費を重視するのではなく、「日々継続的にメニュー」をこなすことに意義があるとおもえたかたです。日々決まった時間を、継続して、トレーニング重視できるだけの機能さえあれば十分であると思います。

エアロバイクを選ぶコツ

漕いだ時に得られる効果は、エアロバイクの種類によって異なります。自分に合ったエアロバイクを選ぶためには、価格帯や大きさよりもまず、どんな目的のトレーニングに向いているかを確認しておくことが大切です。

エアロバイクでダイエットをしたいという場合は、漕ぐことによって有酸素運動ができるアップライトタイプがおすすめです。負荷もそれほど高くなく、初心者でも気軽に使いこなすことができます。

筋肉を鍛えるために無酸素運動がしたい場合は、大きな負荷をかけることができるスピンバクタイプを選んでおくと良いでしょう。それ以外にも、体への負担が少なくリハビリなどに使えるリカンベントタイプのエアロバイクもあります。

目的に合わせた負荷がかからないタイプのエアロバイクを選ぶと、上手く扱うことができないだけでなく、思ったように効果が出ずトレーニングが長続きしない原因となってしまいます。そのため、エアロバイクを選ぶ時には、どんな目的で使うかをしっかりと考えておくことが大切です。

ダイエットや健康の強い味方!自分にぴったりなエアロバイクを選ぼう

ダイエットや健康維持には有酸素運動が必要不可欠です。天気や気候に左右されるウオーキングやジョギングなどとは違い、エアロバイクは空調が管理出来る室内ですることができ、大好きなテレビやスマホで動画がを見ながらだって出来ます。
消費カロリーや走行距離を表示してくれるものもあり、運動のモチベーションを上げるのにも役立ちます。
しかしいざ選ぶとなると沢山の種類がありどれが自分に合うか分からない方も多いのではないでしょうか。そんな時に選ぶ基準になる3つの目的別におすすめな種類をご紹介します。
1つ目は普段から運動をしていて、しっかり鍛えたい方におすすめな「スピンバイク」です。
競輪選手のようにこぎ、高負荷をかけれるので本格的に鍛えることが出来ます。また耐久性も高く、長時間のトレーニングにも向いています。そして負荷のタイプを「摩擦式」にすればよりハードに鍛えることが出来ます。
2つ目は普段運動はしていないけれど、これから始めたい方におすすめな「アップライトバイク」です。普段私たちが乗り慣れている自転車(ママチャリ)に近い感覚でこげます。お値段も比較的お手頃で、場所を取りにくいコンパクトタイプのものも多くあります。さらにお値段を抑えたい方は負荷タイプをベルト式に、静かな音がいい方はマグネット式がおすすめです。
最後の3つ目は出来るだけ手軽で負担にならないものがいい方におすすめな「ミニエアロバイク」です。ペダル部分だけのタイプで、片手で持てるくらいコンパクトです。椅子やソファーに座りながらや寝ながらでも使えます。体力が心配な方の筋肉の衰えを防ぐためにもおすすめです。
自分にぴったりなエアロバイクを選んで
、楽しく運動しながらダイエットや健康を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました